2019.04.29

オブリビオン(ネトフリ)

ゲームとか家計簿とかしながらNETFLIXで映画を視聴するシリーズ10

"エイリアンの襲撃で地球は壊滅、人類は別の惑星へ移住した近未来。地球を監視するドローンのメンテ役のジャックは、宇宙船が地球に墜落するのを目撃し...。"
ネトフリ紹介より
https://www.netflix.com/jp/title/70259170

※ストーリー展開、結末等のネタバレを含みます

60年前、いきなり月を破壊して宇宙人が攻め込んできたそうです。殺せんせーかよ。
地球は必死に抵抗してなんとか戦争に勝利したんだけど、地球は人が住めない星となってしまったので土星の衛星タイタンへの引っ越し準備中だそうです。

え?マジ?
勝ったの?ほんとに?
恒星間航行と月を破壊するような技術を持った宇宙人と戦争して勝ったの?
地表が更地になるほど核兵器使っても勝てそうもない気がするんだけど・・・。

などと思いつつもそこは一旦棚上げしてストーリーを追う。

人類は全員宇宙ステーション「テット」に移動していて、引っ越しのために多数の巨大なプラントが海の水を吸い上げて資源収集中なんだけど、宇宙人の残党がテロ活動してくるので、地上でドローンと一緒に撃退したり監視したりするのがハンサムなトム・クルーズのお仕事です。

違和感を感じたのは宇宙ステーションからの指令。
池田昌子の声であれこれ指示が来るんだけど、これ本当に人類から来てるのかな、と。
実は指示を飛ばしてきていた先に人類はいませんでした、っていうの某ゲームでもあったし、割と好きな展開でもある。
これが、榊原良子声だったら、アクシズからハマーン様が指令だしてる、みたいなイメージだったかもしれないけど、池田昌子だとこう・・・・マザーって感じ(どんなだ

そこへ、宇宙戦争前のNASAの宇宙船が墜落してくるんだけど、なんとドローンは冷凍睡眠中の生存者を殺しまくる。
うーん、これはクロっぽいなぁ・・・。
案の定、宇宙人の残党に囚われるけど彼らこそが地球人類でした。
やっぱりね。

さらに、「汚染地域」として立ち入り禁止となっていた区域に侵入すると、トム・クルーズが迎撃に現れる始末。
つまり、トム・クルーズは地球の区画ごとに監視している多数のトム・クルーズの一人ってことか。
なんでも60年前、1000人のトム・クルーズが宇宙人の尖兵として地球を襲ったそうです。マジか。

最後はトム・クルーズが服従する振りをして爆弾持って「テット」の中枢に入り込み、自爆。
ドローンは全て機能停止して、地球は人類の手に戻りましたEND。

個人的にはストーリーの結末よりも「テット」がとても興味をそそられます。
こいつは一体なんなんだろう。
結局宇宙人は1体も存在せず、巨大な建造物の中央に池田昌子声のコアがあっただけでした。
資源回収しながら宇宙を移動してるっぽいけど、どこかの宇宙人が作って宇宙に放ったのだろうか。
マブラヴのBETAみたいな。
それとも金属生命体的な、あのコアが生命体だったんだろうか。気になる。

2019 04 29 [ながら視聴] | 固定リンク | コメント (0)

メッセージ(ネトフリ)

ゲームとか家計簿とかしながらNETFLIXで映画を視聴するシリーズ11

"世界各地に巨大UFOが出現。謎の生命体との会話という任務を託された言語学者は、未知の言語を探る中、人類そして彼女自身に向けられたメッセージを解明する。"
ネトフリ紹介より
https://www.netflix.com/jp/title/80117799

※ストーリー展開、結末等のネタバレを含みます

確か公開当時ちょっと話題になってましたよね。
宇宙船がお菓子の「ばかうけ」に似てるって。

今度は宇宙人との異文化コミュニケーションです。
言葉も通じない宇宙人と交流していく話は大好きです。
この映画は紹介にある通り言語学者が主人公ということで、序盤はなんとか宇宙人と意思疎通を図ろうと試行錯誤する展開がとても良いです。
何とか一つ一つ単語を教えていくんだけど、「わたし」を「わたしたち」に拡張したり代名詞を伝えたり、「あなたたちは何しに地球に来たのか」という質問をゴールとしてキチンと順番に言葉を教えていくのが凄い。さすが言語学者。

しかし中盤以降、宇宙人が「武器を与える」と伝えたことから宇宙戦争前夜みたいになっちゃって文化とか言ってる場合じゃなくなったのが残念。
中国なんて速攻将軍が出てきて今にも攻撃しそうだし。
一方宇宙人の方はマイペースに「3000年後に人類から助けられるため、贈り物をする」とか言ってて訳が分からない。
と思ったら学者先生は未来を見る能力に覚醒したようです。

未来で、世界が一つになった記念パーティで中国の将軍と初対面する学者先生。
将軍「あなたが私の携帯電話に電話してくれたから」
先生「私はあなたの電話番号知りませけど」
将軍「今、知った」(取り出した携帯電話の画面を見せながら

あ、この演出は好き・・・。

結局先生が電話で説得して戦争は回避され、宇宙人たちはどこかへ去る。
結局なんだったんだ感は否めない・・・・。

ちなみに学者先生は未来で自分の娘が病で若くして死んで離婚してしまうことを見てるんだけど、
一緒に仕事してた学者の男性のプロポーズ受けるところで終わります。
哀しすぎないですかこれ。

2019 04 29 [ながら視聴] | 固定リンク | コメント (0)

2019.04.27

何者(ネトフリ)

ゲームとかとか家計簿とかしながらNETFLIXで映画を視聴するシリーズ9

"就活の情報交換のために集まる、5人の大学生。それぞれが抱く希望や不安、そして葛藤を共にしたり、SNSでつぶやいたりするが、そこには複雑な人間模様があった。"
ネトフリ紹介より
https://www.netflix.com/title/80203282

※ストーリー展開、結末等のネタバレを含みます

ヒロインがまた有村架純だったわ。
あ、彼女は好きな俳優です。ポニテ似合うから。

紹介にある通り、就活中の5人の大学生が溜まり場になった部屋で雑談したり情報交換したりしながらがんばっていくお話。
とは言え、もう十年以上も会社勤めしている立場からだとあまり正面からは見れないですよね。
斜に構えてしまいます。
なんか凝った名刺作ったりしてる意識高い系の子とか生暖かい目で見てしまいます。
歯車になんかなりたくない自分のやりたいことを探すみたいなことを言ってる男のことは「ダメだこいつ・・・・」ってなりますよ。

主人公はあまり個性的な部分がない「いい人」なんだけど、グループディスカッションで偶然意識高い子と一緒になった時、自分の発言を遮られたのに、部屋に戻ってから「さすがだなぁ」なんて誉めてていくらなんでもヘタレ過ぎだろ!
何が「私は海外へ留学経験があるのですが」だよ!
ちゃんと言えよ「人の話を遮るな」って!
仲間に背中から刺された気分だよ!

などと主人公の軟弱さにツッコミながら見ていたら終盤に衝撃の事実が。
なんとこの主人公君、いい人な言動をしつつスマホでTwitterに毒を吐きまくっていたのでした。
意識高い系をバカにしたり、自分のやりたい探してる奴にダメ出ししたり。

おお・・・まさか斜に構えてツッコみながら視聴してたことを見透かしてくるとは・・・・。
しかもそれを知人にバレて追及されるという地獄のような展開。

「あんたのアカウント知ってるんだからね!」

痛い痛い!その術はオレに効く!
な、なんて恐ろしい映画なんだ・・・・(悲鳴を上げて夜の街に逃げ出す主人公を見ながら

2019 04 27 [ながら視聴] | 固定リンク | コメント (0)

2019.04.25

ワールド・ウォー Z(ネトフリ)

ゲームとか家計簿とかしながらNETFLIXで映画を視聴するシリーズ8

"謎のウイルスによって、突如凶暴化する人々。元国連捜査官が調査の中で目撃したのは、全世界で爆発的に拡大する感染と混乱。人類に残された時間は、あとわずか。"
ネトフリ紹介より
https://www.netflix.com/jp/title/70262639

※ストーリー展開、結末等のネタバレを含みます

アメリカ人大好きゾンビモノ。
ブラピ主演だからいつものブラピが大活躍してくれる系だろうと予想しつつ視聴。

まず声優の豪華さに驚く。
主人公:堀内賢雄
友人の国連事務次官:玄田哲章
救出部隊の兵士:井上和彦
空母の艦長:大塚周夫
米軍基地生き残りリーダー:大塚芳忠
CIAエージェント:若本規夫
モサドの偉い人:磯部勉
パイロット:三木眞一郎
等々

さらにヒロイン枠として、
妻:篠原涼子
イスラエル兵士:坂本真綾

豪華や・・・でもブラピ以外はほとんどちょい役。
洋画の主役級が揃ってて、全員集めたらゾンビ一掃できそうじゃない。

ゾンビ映画としては、いわゆる「走るゾンビ系」だけど、基地やショッピングモールに立てこもるのではなく、解決策を求めてブラピが世界を巡る話でした。
この映画は、ブラピが意味不明の大活躍をする映画です。
いや、ほんと、意味不明で・・・。

どんな経歴をもったスペシャリストかわからないけど、国連から請われて世界を巡るんですよね。
そして行く先々が壊滅していくという・・・・。

まず最初にゾンビ見つけたという在韓米軍基地に行くんだけど、世界を救うウィルス博士は滑って転んで銃暴発して速攻死亡(えぇ・・・
「奴らは音に反応する」というフラグは、突然かかってきた妻からの電話の音で回収。
迷惑過ぎだろ。切っとけよ。
ここで基地の人たちほぼ全員死亡。

ブラピは命からがら輸送機でイスラエルへ。
なんでもあらかじめ街を壁で覆ってたから被害を免れてるからなんか知ってるんじゃね?ということらしい。
余談だけど北朝鮮は国民全員の歯を抜いたので感染拡大しなかったらしい(ドン引き

イスラエルでも偉い人と話しながら街を見て回ってたら、街に入れて喜んでる集団が歌を歌いまくったせいで外のゾンビが壁の外にゾンビ山を作り出して乗り越えてきて阿鼻叫喚。
イスラエル終了のお知らせ(ここの映像は凄かった)。

坂本真綾声の兵士と離陸しようとしてるジャンボ機(民間機)に乗り込んで脱出し、ウィルス研究所に向かおうとするも、機内の戸棚からゾンビがでてきて再びゾンビパニック。
この映画のゾンビって感染から12秒で発症して人を襲い始めるんだけど、どうやってジャンボ機の中にいたの・・・・?
実は噛まれていた人が・・・・っていうよくあるパターン使えないはありえないんだけど。

とにかくジャンボ機の中はゾンビだらけになってしまったので、手榴弾で爆破。ゾンビは外に吸い出されたけど飛行機も墜落(当たり前
でもブラピと兵士だけは生きてます。
ほんと行く先々で人が死にまくるな・・・。

研究所では、ブラピが「ゾンビは病気や障害のある人間を避けている」というこれまでの知見から、わざとヤバイ病気に感染してゾンビ避けにしようと提案。
しかしそのウィルスのある研究棟はすでにゾンビの巣窟。
はいはい、ここからステルスゲーですね。
見事にステルス成功して研究棟でウィルスを回収できたけど、ゾンビに囲まれて脱出不能なので、適当にここにあるウィルスを注射してみるよ!

なんとゾンビが襲ってこなくなりました!

凄い強運ですね(棒読み
そして世界は無毒化したダミーウィルスを注射することでゾンビに対抗していくことになるのでした。
ブラピは篠原涼子のところに帰ったよ。

結局何者だったんだ・・・ブラピ・・・。

2019 04 25 [ながら視聴] | 固定リンク | コメント (0)

2019.04.24

スイス・アーミー・マン(ネトフリ)

ゲームとか家計簿とかしながらNETFLIXで映画を視聴するシリーズ

ゲームとか家計簿とかしながらNETFLIXで映画を視聴するシリーズ
"無人島で助けを待つ若者は絶望の末に自殺を決意。だがその時、男の死体が流れ着く。その死体はスイス・アーミー・ナイフのごとく便利な多機能を発揮し始める。"
ネトフリ紹介より
https://www.netflix.com/jp/title/80097389

※ストーリー展開、結末等のネタバレを含みます

なんなんだこれは・・・(誉め言葉
いやもう紹介文の時点で意味不明だよね。
その死体はスイス・アーミー・ナイフのごとく便利な多機能を発揮し始める。 」ってなんやねん。
しかもその死体、ダニエル・ラドクリフやで!

さて、無人島で自殺しようとしてるハンクの前に、死体が流れつくところからスタート。
既に息絶えてることに絶望するも、死体から変な音が聞こえてくる上にビクンビクン動き始めた!?
波にさらわれて移動し始める死体にハンクが飛びつくと、水上バイクみたいに高速移動し始めた!?

なんなんだこれは・・・・(2回目

ハンクがロデオみたいに死体にまたがって海上を移動していくところでオープニング。
勿論こんなのは序の口で。
陸地についてからも、腹を押せば口から飲料水が出てくるし、葉はカミソリになるし、腕を振り回すと斧になって木が切れるし、口に石を詰めると発射されて獲物を狩れる。
さらには自分のことをメニーと名乗って会話までできるようになる。
会話できるだけで身体は全く動かせないんだけど、彼がいればサバイバル生活はばっちり。

こういう作品は、わけがわからないならわけがわからないまま楽しむのが個人的にはいいと思うね。
現代社会のなんちゃらを風刺がどうたらとか考えたくない。

最後はようやく二人は人里に出てくるんだけど、当然メニーは死体袋に入れられて運ばれそうに(当たり前)。
ハンクはそれに抵抗してメニーに話しかけながら森の中へと逃走。
はたから見たら完全にやばい人にしか見えないね。

やがて海へとたどり着き、ハンクはメニーを海へと放流。
メニーはにっこり笑いながら、マブチの水中モーターつけてんのかって感じで沖へと突き進んでいくエンディング。

なんなんだこれは・・・・(3回目

2019 04 24 [ながら視聴] | 固定リンク | コメント (0)