« 星芒祭祭り(FF11) | トップページ | 最大の敵(PSO2) »

2013.01.07

年末のお話(FF11)

星芒祭が年末までなんですが、まだウィンしかクリアしてなくてですね。
31日に帰省するので30日がラストチャンス。
この日中にサンドとバスのハードモードクリアできないとオーケストリオンが合成できない!
え?練成でもできる?それはベリーハードモードだろ!

せっかくだから引き続きwikiとか攻略情報とか一切見ないで挑戦してやるぜ。
というわけでまずはサンドに移動して間違い探し。
ノーマルをやってみたんだけど説明聞いてなかったので何個間違いがあるかわからなくて3個目わからず1回失敗。
2回目でちゃんとクリア。
そして恐怖のハードモードに挑戦開始。
なんかTL上では「スマホで動画撮影してクリアした」とか言うのが飛び交ってて恐ろしい。

1回目で間違い4個見つけてクリアした気でいたんだけど、まさかの5個で失敗だったり。
2回目も失敗だったけど、大体パターンがわかりました。
スタートと同時に、全員の顔の向きチェック、帽子チェック、武器チェック、脚装備チェック。
私がやった中では、ヒュム♂の向き違うのとエル♀ヒュム♀の脚がズボンになることが多かったですね。
あと、脚装備チェックで最前列のタルタル4人の男女並び替えチェックも同時に完了。
次に、演奏が開始されたらタルタルの横笛が銀色かどうかチェックしつつヒナチョコボの数を数える。
最後は宝箱の開く順番とヒナチョコボ(またはウサギ)の位置を確認しながら扉の閉まり方とタルタルのモーションが両手広げるかモジモジか確認。
あとはシーンの長さとスタートのびっくりマークの数、これで間違い5個カバーできるでしょう。
これ以外にあったらその回は捨てます。
3回目なんか見逃して失敗し、4回目で成功。素材ゲット。

よっしゃ次バス。
バスは5個の宝箱の中からヒナチョコボが入ってる場所を見つけるっていう動体視力or運を突き詰めたゲーム。
ウィンとは対照的だね。あっちは動体視力とか全く必要ないけど頭使わないことには当たらない。
実はノーマルモードのクリアに5回費やす程度の動体視力なんですけどね。
というかそれって動きを全く見ないで適当に当てても5回に1回は当たったんじゃねーのっていう。

ハードモードはヒナが2箇所。
2箇所を追うのはなかなか難しい。
さらにここで自分の能力に頼るか運に頼るかというジレンマも。
完全に運に頼っても10回やれば1回くらい当たりそうじゃないですか。
しかし必死に目で追って1回すり替えを見逃した場合、絶対に当たらなくなっちゃうんですよねー。
中途半端な動体視力だといつまでたっても当たらなくなってしまう、なんという恐ろしい罠。

だがここはあえて自分の力を信じるぜ!
10回で当てられなかったら負け!
さぁ勝負!
 
 
 
 
9回目でクリアしました。
びみょー

2013 01 07 [日常] | 固定リンク

日常」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/740/56493373

この記事へのトラックバック一覧です: 年末のお話(FF11):

コメント

俺は年末ノロかかって
ベリーハードモードなってた

投稿者: ハンスニ (2013/01/08 8:25:13)

私も実家でずっと寝込んでました。
でもノロではなかったのでせいぜいハードモードですかね。

投稿者: 妄想竜騎士 (2013/01/11 1:34:18)

コメントを書く